【お悩み解決コラム】屋根瓦の破損・ずれによる雨漏り、あなたのお家は大丈夫ですか?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

突然天井から雨漏り!
修理をお願いしたいけど原因がわからない、費用がどれくらいかかるのかわからない、柱の腐りや、カビは大丈夫?など、不安要素はたくさんありますよね。

そんな皆様のお悩みを解決いたします!

屋根の雨漏りしやすい箇所とは?
雨漏りはしているけどどこからなのかわからない、、
という方に!屋根から来る雨漏りの要因トップ3をお伝えいたします!

1位 棟部
2位 谷部、および板金部 (1位とほぼ同列)
3位 防水紙の劣化等


です!
「谷部って何?」「どのくらいの周期で相談したらいいの?」など、様々な疑問があるかと思います。
今後のブログで順に詳しくお話していきます!

今回は、瓦の破損について、解説いたします!
屋根瓦の老朽化!あなたのお家は大丈夫?
屋根の瓦は、すぐに破損してしまうということはほぼありませんが、
台風の強風などにより瓦がずれたり、異物が飛んできたことによる破損が起きることは十分に考えられます。
そのほかにも、数十年暮らし続けたお家などは老朽化の可能性も見えてきます。
上の写真は、棟瓦の一部が破損し、中に雨水が入ったことにより雨漏りが発生していたお家のものです。
中のシートや木材も破損が起きていることがわかります。

この写真のお家では、棟瓦の内側にコーティングとしてセメントを差し込み、棟瓦を取り替えました。詳しくはこのブログ下部にある施工事例をご覧ください!
瓦の破損・ずれは雨漏り以外の危険性も・・・
強風による瓦の破損・ずれは、そこから雨水が入り込むことによる雨漏り以外にも危険性があります!
もしその強風に乗って、もしくは自然に、大きな瓦が下に落ちた時そこに人がいたら・・・
固く頑丈にできている瓦が頭に突然落ちてきたら大変ですよね。

そんな不慮の事故を起こさないためにも、定期的な屋根のメンテナンス・診断は重要です!

屋根の葺き替えは瓦の種類によって価格が変動いたしますが、福博瓦工業ではweb限定価格として100平米あたり¥800,000~で承っております!
一部の修理や葺き替えはさらに費用を抑えられたり、工事期間も短く済みます。ぜひご相談ください!
実際の施工事例もご覧ください!
いかがでしょうか?
屋根・屋根瓦の診断時期は施工後15年~50年と、瓦の種類などによってもかなり幅広いものとなっています。
「自分のお家の屋根、20年経っているしちゃんと見たことないけど大丈夫かな・・・」と思った方は、雨漏りが起こる前でもぜひご相談ください!
その際に、「うちの屋根は何年後くらいにまた点検するべきだろう?」と屋根屋さんに聞いてみるのもいいかもしれませんね!

今回使用させていただきました写真の、実際の施工事例も掲載しております!ぜひご覧ください!

施工事例はコチラをクリック!

ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます!
福博瓦工業は相談や診断無料です、お気軽にご相談ください!
 

屋根修理メニュー表

施工事例

お客様の声

ブログ

お役立ち情報

お問い合わせ