福津市 G様邸 屋根葺き替え工事

雨漏りしているので、直して欲しい。(G様より)
20160301gsama midashi01.jpg

 リフォームデータ

屋根全体 石州瓦;セラミカ セフティ・ルーフ 銀黒色、
ゴムアスファルトルーフィング 他
葺き替え工事 5日間

ホームページを見て決めました。(G様より)

20160301gsama mae07.jpg IMG_3033.JPG 20160301gsama mae02.jpg
G様邸はセメント瓦が葺いてありました。
地瓦が大きくひび割れていました。
こちらは壁際のところ。写真では少し分かりにくいですが、白くすじのあるところにひび割れがあります。 瓦の裏側を見てみると、割れているのがよく分かります。
20160301gsama mae05.jpg 20160301gsama mae03.jpg IMG_3019.JPG
セメント瓦は、ある程度年月が経つと色が剥げてしまうので、再度塗装を繰り返し、強度や防水効果を保ちます。 しかし、瓦の重なりの部分は塗装が出来ない為、長年の劣化により雨水が染み込み易くなってしまいます。瓦が割れていなくても、そこからの染み込みが雨漏りの原因になってしまう事もあるのです。 瓦を剥がして見ると、下地材にしみがあるのが分かります。
今回、全て葺き替える事となりました。

20160301gsama naka01.jpg 20160301gsama naka02.jpg 20160301gsama naka04.jpg
既存のセメント瓦を剥がしていきます。 棟の瓦も丁寧にはずしていきます。 下地材も全て取り除いた状態です。
屋根地は雨漏りしていた一部を除き、ほぼ良さそうです。
20160301gsama naka08.jpg 20160301gsama naka05.jpg 20160301gsama naka09.jpg
壁際部分です。 雨漏りして屋根地が傷んでいたところを新しく張り替えます。 屋根地が整ったら、下地材のゴムアスファルトルーフィングを張っていきます。
20160301gsama naka11.jpg 20160301gsama naka12.jpg 20160301gsama naka13.jpg
そして桟木打ちです。
瓦の働き寸法に合わせて間隔を取り、まっすぐ打ちつけます。
次は瓦を並べていよいよ施工です。
桟木にステンレス釘で固定しながら、軒から棟へと、下から順に葺き上げていきます。 瓦は丸惣さんのセラミカ セフティ・ルーフ 銀黒色です。この瓦は防災瓦で、高い耐風・耐震性能を持っています。一枚一枚がガッチリかみ合って強風に耐え、横ズレも防止します。
石州瓦は塩害にも強い瓦です。

20160301gsama ato01.jpg 20160301gsama ato02.jpg
施工が終わりました。
とても綺麗な仕上がりです。
アンテナ部分もばっちり!
これでもう、雨漏りの心配は無くなりましたね!



  • はじめにお読みください 福博瓦工業 福岡 屋根リフォーム 皆さまから選ばれる理由
  • ホームページだけのお得情報 屋根メニュー表
  • ホームページだけのお得情報 福博瓦工業 屋根メニュー表
    •  ホームページだけのお得情報  屋根メニュー表
    •  ホームページだけのお得情報  屋根メニュー表
    •  ホームページだけのお得情報  屋根メニュー表
    •  ホームページだけのお得情報  屋根メニュー表
  •  ホームページだけのお得情報  屋根メニュー表
  •  ホームページだけのお得情報  屋根メニュー表
  •  ホームページだけのお得情報  屋根メニュー表
  •  ホームページだけのお得情報  屋根メニュー表
  • 無料 屋根診断 福博瓦工業
  • 雨漏り 無料診断 福博瓦工業 原因を明確にして早期解決!
  • 無料 屋根診断 福博瓦工業
  • 雨漏り 無料診断 福博瓦工業 原因を明確にして早期解決!